대메뉴 바로가기 본문 바로가기
검색키워드
금관총금관
신라미술품
국보제188호
신라미술품
통합예약
경상북도박물관협력망
어린이박물관

어린이박물관에는 무엇이 있을까요?

바로가기
닫기
国立慶州博物館 展示
신라미술관3.jpg

仏教美術, 皇龍寺, 菊隠

新羅の燦爛たる美術文化と歴史を見ることができる新羅美術館は、2002年5月の開館以来、2008年の展示環境の改善、2013年の一部改編を経て現在に至ります。
新羅美術館は、1階の仏教美術I室と仏教美術II室、2階の皇龍寺室と寄贈室である菊隠記念室の4つの展示室からなり、三国時代と統一新羅時代の美術品約700点を展示しています。この他にも、石窟庵や仏国寺をテーマとした映像物などの各種補助資料があり、新羅美術に関して観覧客が理解しやすいように設けられています。

1階の仏教美術I室では、新羅仏教史の変遷に沿った各時期の代表的な仏教美術品を展示しています。三国時代における新羅の仏教彫刻の神髄とも言える慶州南山長倉谷から出土した石造弥勒三尊仏、慶州狼山陵只塔から出土した統一新羅初期の塑造仏坐像の破片、感恩寺址の西三層石塔から出土した舎利荘厳具(宝物第336号)などが代表的な展示品です。仏教美術II室では、新羅の小型金銅仏や大型石造仏を類型別、時代別に分け、仏教彫刻の歴史的過程が一目で分かるように展示されています。栢栗寺金銅薬師如来立像(国宝第28号)をはじめ、慶州金丈台から出土した舎利供養石像などが展示されています。

2階の皇龍寺室では、新羅を代表する護国仏教寺院であった皇龍寺址から出土した大型鴟尾・瓦・舎利具・地鎮具・仏像などの様々な文化財を展示しています。また、皇龍寺の縮小模型もご覧いただけます。菊隠記念室は、生涯をかけて収集した貴重な文化財666点を国立慶州博物館に寄贈した李養璿(イ・ヤンソン:1916~1999)博士を称える意味で設けられた展示空間です。代表的な展示品は、騎馬人物形土器(国宝第275号)、黒漆鐙子(宝物第1151号)などがあります。
観覧時間案内 · 平日 : 10:00~18:00
· 土曜日・日曜日・祝日 : 10:00~19:00
· 夜間延長開館 :10:00~21:00( 毎月最終水曜日. 3月~12月の毎週土曜日)
· 休館日 : 1月1日、旧正月、秋夕(旧暦8月15日)
観覧予約案内 · 小・中・高校の学校団体(30名以上)でご利用の場合は、展示品の保護及び観覧マナーの遵守のため、事前予約制となっております。
· お問い合わせ : ☏ 054-740-7517
展示解説案内 · 外国人観覧客向けの展示解説(英語)ー土曜ミュージアムツアー
· 日時:毎週水·土曜日
- 第1回:10:00~11:30 / 第2回:15:00~16:30

展示説明書

ダウンボタン

関連映像

신라미술관_동영상_썸네일_1

展示館マップ

10:00 ~ 18:00

土曜日・日曜日・祝日は 1時間延長

  • 夜間延長開館 ~21:00

    (毎月最終水曜日、3月~12月の毎週土曜日)